心臓CT

心臓の主要な血管(冠動脈)の狭窄を血管の中にカテーテルを入れることなく、注射した場所から造影剤いうお薬を入れることで細かく分析することができます。

3D構築画像

撮影した画像を処理することで3Dの画像を作成することができます。骨折部位や血管の狭窄、動脈瘤、術前の腫瘍と血管の位置関係などの評価に有効です。仮想内視鏡(気管支鏡)もできます。