五島列島福江島の総合病院【五島中央病院】

文字サイズ

標準
ご利用案内
薬剤部沿革
昭和
39年10月
公立五島病院と日本赤十字社長崎県支部五島赤十字病院を統合し五島病院と名称を変更して発足
当時は、薬剤部が二つあったらしい。(本院と分院)
43年  4月
長崎県離島医療圏組合五島病院として発足
平成
14年  2月
新五島中央病院開院(移転新築)、オーダリングシステム導入、院外処方発行の開始
19年10月
日本医療機能評価機構認定病院(Ver.5.0)
19年12月
アンプルピッカーの運用開始
21年  4月
長崎県離島医療圏組合の解散、長崎県病院企業団の設立により、長崎県五島中央病院と改称。
24年10月
日本医療機能評価機構認定病院(Ver.6.0)
26年  3月
電子カルテシステムの運用開始
28年  7月
外来化学療法調製開始
概要

薬剤師6名(増員のため募集中)、調剤助手4名

<平成27年度実績>

外来処方箋枚数
院内 676枚/月 院外 7,112枚/月
院外処方箋発行率
92.8%(平日)
入院処方箋枚数
3,307枚/月
注射箋枚数
外来 766枚/月
入院
5,028枚/月
薬剤管理指導件数
1,010件/年
持参薬鑑別件数
437件/年
業務内容

1.調剤・注射業務

当院薬局は人員不足のため、院外処方箋発行率の向上に努めています。調剤については簡易懸濁法、散薬監査システム、錠剤自動分包機、アンプルピッカーを導入し業務の効率化と安全性の向上を図っています。その他、一部の処方入力に関して薬局で協働支援を行っています。

2.薬剤管理指導業務

全病棟を対象として、がん化学療法、麻薬、精神科患者などを中心に薬剤管理指導を行っています。

3.持参薬鑑別業務

入院時の持参薬を中心に鑑別及び院内採用薬の代替薬の提案等を実施しています。

4.医薬品情報管理

担当薬剤師がDIニュースや院内メール等の院内配信、医薬品集の作成等により医薬品の適正使用に必要な情報を提供しています。

5. 抗がん剤調製業務

患者さん個々の治療内容をチェックする鑑査システムを導入し、抗がん剤の調製を行い、医師・看護師等と連携して、患者さんがより快適に、より安全に、安心して治療が受けられるように努めています。

6.その他の院内業務

ICT、NST、医療安全、レジメン委員会、システム委員会、緩和ケア等の各種委員会で活動しています。また、外来、病棟のストック薬の管理、五島高校衛生看護科の学生実習などにも協力しています。

7.院外での活動

毎年4月~10月に毎週、五島高校衛生看護科に講師を派遣し、薬理学を講義しています。また、学校薬剤師として小中学校での薬物乱用教室や学校環境衛生に関する活動を行っています。

スタッフ

日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師

日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師

日本薬剤師研修センター認定薬剤師

おわりに

当院ではDPC導入の方向で様々な準備や体制の整備を進めており、薬局でも院内採用薬における後発品使用割合を見直しています。院内からは、従来の活動に加え、抗がん剤調製、病棟薬剤師業務など、薬剤師の更なるチーム医療への貢献が求められています。業務の効率化だけでは対応できないため、薬剤師不足の解消が急務となっています。

海が綺麗な五島で一緒に働いてくれる先生を現在募集しています。