五島列島福江島の総合病院【五島中央病院】

文字サイズ

標準
病院について
  
当院の基本理念
基本理念
当院の基本方針

1.患者さんの権利を尊重し、患者さん本位の医療を実施します。

2.医療水準の向上に努め、地域の基幹病院としての使命を果たします。

3.精度の高い予防医療を推進します。

4.病診・病病連携、保健・福祉機関との連携を密にします。

5.医療人教育に積極的に取り組みます。

6.健全な病院運営に努めます。

患者さんの権利
  • 患者さんの個人の尊厳が守られる権利を尊重します。
  • 患者さんが診断・治療に関する十分な説明をうける権利を尊重します。
  • 患者さんが自らの意思で検査・治療に同意する、あるいは拒否する権利を尊重します。
  • 患者さんの個人情報が守られる権利を尊重します。
  • 患者さん自身が受けた医療について知る権利を尊重します。
  • 治療・診断等について、希望があれば他の医師の意見を聞くことができます。
患者さんへのお願い

患者さんは最善の医療を実現するために、自分の健康についての情報をできるだけ正確に知らせるとともに、自ら積極的に医療に参加してください。

病院がきめた規則を守り、他の患者さんの治療に支障を与えないように配慮してください。

当院での治療が受けられなくなった場合は担当医師にお知らせください。

当院の沿革
明治
10年
南松浦郡20町村をもって郡立病院を設立。
昭和
21年10月
日本医療団解散による南松浦郡総町村組合公立五島病院として経営。
39年10月
公立五島病院と日本赤十字社長崎県支部五島赤十字病院を統合し五島病院と名称を変更して発足。
43年  4月
同組合五島病院として発足。
平成
14年  2月
新五島中央病院開院
14年11月
天皇・皇后両陛下による行幸啓。
15年10月
管理型臨床研修病院、協力型臨床研修病院として指定される。
21年  4月
長崎県離島医療圏組合の解散、長崎県病院企業団の設立により、長崎県五島中央病院と改称。