五島列島福江島の総合病院【五島中央病院】

文字サイズ

標準
ご利用案内
  
概要

離島・僻地での精神科医療の歴史は偏見との戦いであり、精神科病棟があるのは五島地区ではではここだけで、当科は精神科領域において重要な役割を果たしてきました。

外来は一日平均70名で年間200名の新患患者さんが来られます。老年者精神障害が4割を占め、次いで神経症圏、感情障害圏疾患、統合失調症と続いています。 その他、アルコール依存症や、児童・思春期の子供の不登校の相談も増えています。

入院は一日平均55名で、統合失調症や感情障害、器質的感情障害、アルコール依存症などの入院が多く、病棟でのレクレーションやクラブ活動などによる治療プログラムを用意しています。 また、総合病院の精神科ということで、リエゾン領域での需要も多く、院内他科から抑うつや、不眠、譫妄などの相談をうけています。その他、この地域の精神保健相談や講演、などなど離島精神医療のモデルを目指し診療しています。

休診・代診情報
この診療科では休診・代診情報は現在ありません。
担当医
小田 孝
精神科長
精神科
  • 日本精神神経学会(専門医)
  • 日本児童青年精神医学会
  • 日本精神分析的精神医学会
  • 九州精神神経学会
  • 精神保健指定医
  • 臨床研修指導医(平成21年度取得)
  • 長崎大学医学部医学科臨床准教授
  • 田山 達之
    医長
    精神科
  • 日本内科学会
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会
  • 岩永 健
    医師
    精神科
  • 日本精神神経学会(専門医)
  • 日本内科学会(認定医)
  • 九州精神神経学会